研究業績

Achievements

論文・出版物等(2012~)

2024

  1. Jaehoon Seol, Rina So, Fumiko Murai, Tomoaki Matsuo (2024) Relationship between rest-activity rhythms and cardiorespiratory fitness in middle-aged workers: a cross-sectional study with non-parametric analysis using accelerometers worn on the thigh. BMC Public Health, Vol.24, No.1, p.62.
  2. Tomohide Kubo, Xinxin Liu, Tomoaki Matsuo (2024) Death due to overwork: Problems and solutions. Ed by Michael Kellmann, Jürgen Beckmann, Fostering Recovery and Well-being in a Healthy Lifestyle Psychological, Somatic, and Organizational Prevention Approaches, pp.199-217, London, Routledge.
  3. 松尾知明,蘇 リナ,塩満智子(2024)成人期におけるメタボリックシンドローム対策,鶴田来美,吉永砂織,田中喜代次編集,ナースのためのメディカルフィットネス,pp.80-85, 東京,ナップ.

2023

  1. Rina So, Fumiko Murai, Manabu Fujii, Sanae Watanabe, Tomoaki Matsuo (2023) Association of sitting time and cardiorespiratory fitness with cardiovascular disease risk and healthcare costs among office workers. Industrial Health, Vol.61, No.5, pp.368-378.
  2. Tomoaki Matsuo, Rina So, Fumiko Murai (2023) Estimation methods to detect changes in cardiorespiratory fitness due to exercise training and subsequent detraining. European Journal of Applied Physiology, Vol.123, No.4, pp.877–889.
  3. Yuko Ochiai, Masaya Takahashi, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki, Yuki Sato, Kenji Fukasawa, Tsuyoshi Araki, Yasumasa Otsuka (2023) Characteristics of long working hours and subsequent psychological and physical responses: JNIOSH cohort study. Occupational and Environmental Medicine, Vol.80, No.6, pp.304-311.
  4. Keita Kiuchi, Takeshi Sasaki, Masaya Takahashi, Tomohide Kubo, Toru Yoshikawa, Tomoaki Matsuo, Xinxin Liu (2023) Mediating and moderating effects of psychological detachment on the association between stressors and depression: A longitudinal study of Japanese workers. J Occup Environ Med, 65(3), e161-169.
  5. 蘇リナ,村井史子,松尾知明(2023)身体活動評価に向けたウェアラブル機器の活用と今後の展望.産業ストレス研究, Vol.30, No.2, pp.191-200.
  6. 田中喜代次,松尾知明,林容市,吉村隆喜(2023)最大酸素摂取量の重要性. 江東微研ジャーナル友, 46(1), pp.12-18.

2022

  1. Tomoaki Matsuo, Rina So, Fumiko Murai (2022) Improved VO2max estimation by combining a multiple regression model and linear extrapolation method. J Cardiovasc Dev Dis, 10(1), e9.
  2. Rina So,Fumiko Murai,Tomoaki Matsuo (2022) Association of cardiorespiratory fitness with the risk factors of cardiovascular disease: Evaluation using the Japan step test from the National Institute of Occupational Safety and Health. Journal of Occupational Health, Vol.64, e12353. DOI:10.1002/1348-9585.12353
  3. Yuko Ochiai, Masaya Takahashi, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki, Yuki Sato, Kenji Fukasawa, Tsuyoshi Araki, Yasumasa Otsuka (2022) Health problems associated with single, multiple, and the frequency of months of objectively measured long working hours: a cohort study by the National Institute of Occupational Safety and Health, Japan. Int Arch Occup Environ Health, Vol.95, No.3, pp.685-699. DOI:10.1007/s00420-021-01768-x
  4. Hiroki Ikeda, Tomohide Kubo, Takeshi Sasaki, Yuki Nishimura, Xinxin Liu, Tomoaki Matsuo, Rina So, Shun Matsumoto, Masaya Takahashi (2022) Prospective changes in sleep problems in response to daily rest period among Japanese daytime workers: a longitudinal web survey. J Sleep Res, Vol.31, No.1, e13449. DOI:10.1111/jsr.13449
  5. Yuki Sato, Masaya Takahashi, Yuko Ochiai, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki, Kenji Fukasawa, Tsuyoshi Araki, Masao Tsuchiya (2022) Study profile: protocol outline and study perspectives of the cohort by the National Institute of Occupational Safety and Health, Japan (JNIOSH cohort). Ind Health. Vol.60, No.4, pp.395-404. DOI:10.2486/indhealth.2021-0168
  6. 田中喜代次,松尾知明,林容市,吉村隆喜(2022)運動時や採血時、ワクチン接種時の血管迷走神経反射とその対応策. 江東微研ジャーナル友, 45(3), pp.22-26.

2021

  1. Tomoaki Matsuo, Rina So (2021) Socioeconomic status relates to exercise habits and cardiorespiratory fitness among workers in the Tokyo area. Journal of Occupational Health, Vol.63, No.1, e12187. DOI:10.1002/1348-9585.12187
  2. Tomoaki Matsuo, Rina So, Kiyoji Tanaka, Chiaki Mukai (2021) High-intensity interval aerobic exercise training (HIAT) in occupational health. J Phys Fitness Sports Med, Vol.10, No.3, pp.144-149.
  3. Rina So, Tomoaki Matsuo (2021) Validity of Domain-Specific Sedentary Time Using Accelerometer and Questionnaire with activPAL Criterion. Int J Environ Res Public Health. Vo.18, No.23, pp.12774. DOI:10.3390/ijerph182312774
  4. Shigeharu Numao, Rina So, Tomoaki Matsuo, Masaki Nakagaichi, Kiyoji Tanaka (2021) A favorable metabolic profile in metabolically healthy obesity is associated with physical activity level rather than abdominal fat volume in Japanese males. Journal of Physical Therapy Science, Vol.33, No.2, pp.137-141. DOI:1589/jpts.33.137
  5. Kiyoji Tanaka, Tomoaki Matsuo (2021) JPFSM: Foreword Global trends in high-intensity interval training (HIIT). J Phys Fitness Sports Med, Vol.10, No.3, pp.127-128.
  6. Hiroki Ikeda, Tomohide Kubo, Takeshi Sasaki, Xinxin Liu, Tomoaki Matsuo, Rina So, Shun Matsumoto, Masaya Takahashi (2021) Daytime workers with longer daily rest periods have smaller sleep debt and social jetlag: a cross-sectional web survey. Behavioral Sleep Medicine, Vol.19, No. 1, pp.99-109.
  7. Yuki Sato, Kazuyuki Iwakiri, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki (2021) Impact of health literacy on health practices in the working life of young Japanese nurses and care workers. Ind health, Vol.59, No.3, pp.171-179.
  8. 田中喜代次, 蘇リナ, 沼尾成晴, 松尾知明 (2021) 内臓脂肪面積に及ぼす運動実践と食生活改善の効果. 臨床栄養, Vol.138, No.2, pp.156-160.
  9. 田中喜代次, 蘇リナ, 沼尾成晴, 松尾知明 (2021) 減量にともなう内臓脂肪量の変化. 臨床栄養, Vol.138, No.3, pp.308-312.
  10. 石飛カノ, 松尾知明 (2021) 世界一効率のいい時短トレ(話題のHIIT攻略BOOK), Tarzan No.807, pp.8-12. 株式会社マガジンハウス

2020

  1. Tomoaki Matsuo, Rina So, Masaya Takahashi (2020) Estimating cardiorespiratory fitness from heart rates both during and after stepping exercise: a validated simple and safe procedure for step tests at worksites. European Journal of Applied Physiology, Vol.120, No.11, pp.2445–2454. DOI:1007/s00421–020-04457-8
  2. Rina So, Tomoaki Matsuo (2020) Effects of using high-intensity interval training and calorie restriction in different orders on metabolic syndrome: A randomized controlled trial. Nutrition, Vol.75-76, pp.110666. DOI:10.1016/j.nut.2019.110666
  3. Rina So, Tomoaki Matsuo (2020) The Effect of Domain-Specific Sitting Time and Exercise Habits on Metabolic Syndrome in Japanese Workers: A Cross-Sectional Study. Int. J. Environ. Res. Public Health, Vol.17, No.11, pp.3883. DOI:3390/ijerph17113883
  4. Tomoaki Matsuo, Rina So, Masaya Takahashi (2020) Workers’ physical activity data contribute to estimating maximal oxygen consumption: a questionnaire study to concurrently assess workers’ sedentary behavior and cardiorespiratory fitness. BMC Public Health, Vol.20, No.1, p.22. DOI:10.1186/s12889-019-8067-4, PMID:31914965, PMCID: PMC6950791
  5. Shigeharu Numao, Yasutomi Katayama, Yoshio Nakata, Tomoaki, Matsuo, Masaki Nakagaichi, Kiyoji Tanaka (2020) Association of abdominal fat with metabolic syndrome components in overweight women: effect of menopausal status. J Physiol Anthrop, Vol.39, No.1, pp.12.
  6. Yuko Ochiai, Masaya Takahashi, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki, Kenji Fukasawa, Tuyoshi Araki, Masao Tsuchiya M, Yasumasa Otsuka (2020) Objective and subjective working hours and their roles on workers’ health among Japanese employees. Ind Health. Vol.58, No.3, pp.265-275. DOI:10.2486/indhealth.2019-0126
  7. Yuki Nishimura, Takeshi Sasaki, Toru Yoshikawa, Tomohide Kubo, Tomoaki Matsuo, Xinxin Liu, Masaya Takahashi (2020) Effect of work-related events on depressive symptoms in Japanese employees: a web-based longitudinal study. Ind Health, Vol.58, No.6, pp.520–529.
  8. 松尾知明 (2020) 巻頭言:労働衛生分野における体力科学研究. 体力科学, Vo.69, No.6, pp.419-420. DOI:7600/jspfsm.69.419
  9. 蘇リナ, 村井史子, 松尾知明 (2020) 労働者の身体活動と体力に関する研究 -労働安全衛生総合研究所の取り組み-. 体力科学69, No.6, pp.437-445. DOI:10.7600/jspfsm.69.437

2019

  1. 蘇リナ, 松尾知明, 高橋正也 (2019) 労働者生活行動時間調査票で評価した勤務中座位時間と健康関連指標との関係. 労働安全衛生研究, Vol.12, No.3, pp.127-133. DOI:10.2486/josh.JOSH-2019-0017-GE
  2. 松尾知明 (2019) 体力低位者と高強度インターバルトレーニング. 日本未病システム学会雑誌, Vol.25, No.2, pp.39-42.
  3. 松尾知明 (2019) 運動強度と心筋・心肺持久力. 日本臨床運動療法学会誌20, No.2, pp.1-3.
  4. 松尾知明 (2019) 全身持久性体力とロコモティブシンドローム. 整形・災害外科 62, No.6, pp.749-755.
  5. 松尾知明 (2019)運動強度の話,「健康華齢のためのスマートライフ」田中喜代次編, pp.106-108. サンライフ企画

2018

  1. Rina So, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki, Xinxin Liu, Tomohide Kubo, Hiroki Ikeda, Shun Matsumoto, Masaya Takahashi (2018) Improving health risks by replacing sitting with standing in the workplace. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine Vol.7, No.2, pp.121-130. DOI:7600/ jpfsm.7.121
  2. Hiroki Ikeda, Tomohide Kubo, Takeshi Sasaki, Xinxin Liu, Tomoaki Matsuo, Rina So, Shun Matsumoto, Takashi Yamauchi, Masaya Takahashi (2018) Cross-sectional Internet-based survey of Japanese permanent daytime workers’ sleep and daily rest periods. J Occup Health. Vol.60, No.3, pp.229-235.
  3. 松尾知明 (2018) 労働者のメタボリックシンドローム対策-時間効率を重視した介入プログラムの提案-. 労働安全衛生研究, Vol.11, No.1, pp.67-71. DOI:10.2486/josh.JOSH-2017-0014-SHI
  4. 松尾知明 (2018) 労働者の“身体活動・体力”に関する研究. 産業保健21, Vol.92, p.26.
  5. 松尾知明, 蘇リナ (2018) 高強度の身体活動・運動と健康. 江口泰正・中田由夫編, 職場における身体活動・運動指導の進め方, pp.81-89. 大修館書店

2017

  1. Rina So, Tomoaki Matsuo, Kousaku Saotome, Kiyoji Tanaka (2017) Equation to estimate visceral adipose tissue volume based on anthropometry for workplace health checkup in Japanese abdominally obese men. Industial Health Vol.55, No.5, pp.416-422.
  2. Sechang Oh, Rina So, Takashi Shida, Tomoaki Matsuo, Bokun Kim, Kentaro Akiyama, Tomonori Isobe, Yoshikazu Okamoto, Kiyoji Tanaka, Junichi Shoda (2017) High-intensity aerobic exercise improves both hepatic fat content and stiffness in sedentary obese men with nonalcoholic fatty liver disease. Scientific Reports, 22-7:43029.
  3. 松尾知明, 蘇リナ, 笹井浩行, 大河原一憲 (2017) 座位行動の評価を主な目的とした質問紙「労働者生活行動時間調査票(JNIOSH-WLAQ)」の開発. 産業衛生学雑誌, Vol.59, No.6, pp.219-228. DOI:1539/sangyoeisei.17-018-B
  4. 田中喜代次, 蘇リナ, 松尾知明 (2017) Single-slice法による腹部内臓脂肪体積の推定. 体力科学 66, No.5, pp.335-344. DOI:10.7600/jspfsm.66.335
  5. 松尾知明 (2017) 企業で取り組む高強度インターバルトレーニング. 体育の科学, Vol.67, No.10, pp.686-690.
  6. 松尾知明, 蘇リナ (2017) メタボリックシンドローム予防・改善のための具体的な運動指導方法.  臨床スポーツ医学, Vol.34, No.1, pp.36-41.
  7. 茅嶋康太郎, 吉川徹, 佐々木毅, 劉欣欣, 池田大樹, 松元俊, 久保智英, 山内貴史, 蘇リナ, 松尾知明, 高橋正也 (2017) 過労死等防止対策の歴史とこれから:これまでに蓄積された過重労働と健康障害等との関連性に関する知見, 産業医学レビュー, Vol.29, No.3, pp.163-187.

2016

  1. Tomoaki Matsuo, Hiroyuki Sasai, Rina So, Kazunori Ohkawara (2016) Percentage-method improves properties of workers’ sitting- and walking-time questionnaire. Journal of Epidemiology, Vol.26, No.8, pp.405-412. DOI:10.2188/jea.JE20150169
  2. Aya Kitamoto, Takuya Kitamoto, Takahiro Nakamura, Tomoaki Matsuo, Yoshio Nakata, Hideyuki Hyogo, Hidenori Ochi, Seika Kamohara, Nobuyuki Miyatake, Kazuaki Kotani, Ikuo Mineo, Jun Wada, Yuji Ogawa, Masato Yoneda, Atsushi Nakajima, Tohru Funahashi, Shigeru Miyazaki, Katsuto Tokunaga, Hiroaki Masuzaki, Takato Ueno, Kazuaki Chayama, Kazuyuki Hamaguchi, Kentaro Yamada, Toshiaki Hanafusa, Shinichi Oikawa, Toshiie Sakata, Kiyoji Tanaka, Yuji Matsuzawa, Kikuko Hotta (2016) CDH13 polymorphisms are associated with adiponectin levels and metabolic syndrome traits independently of visceral fat mass. J Atherosclero Thromb, Vol.23, No.3, pp.309-319.
  3. 松尾知明, 蘇リナ (2016) 高強度運動の効果と限界. 介護福祉・健康づくり, Vol.3, No.1, pp.39-42.

2015

  1. Tomoaki Matsuo, Rina So, Nobutake Shimojo, Kiyoji Tanaka (2015) Effect of aerobic exercise training followed by a low-calorie diet on metabolic syndrome risk factors in men. Nutrition, Metabolism & Cardiovascular Diseases, Vol.25, pp.832-838. DOI:1016/j.numecd.2015.05.009
  2. Aya Kitamoto, Takuya Kitamoto, Rina So, Tomoaki Matsuo, Yoshio Nakata, Hideyuki Hyogo, Hidenori Ochi, Takahiro Nakamura, Seika Kamohara, Nobuyuki Miyatake, Kazuaki Kotani, Ikuo Mineo, Jun Wada, Yuji Ogawa, Masato Yoneda, Atsushi Nakajima, Tohru Funahashi, Shigeru Miyazaki, Katsuto Tokunaga, Hiroaki Masuzaki, Takato Ueno, Kazuaki Chayama, Kazuyuki Hamaguchi, Kentaro Yamada, Toshiaki Hanafusa, Shinichi Oikawa, Toshiie Sakata, Kiyoji Tanaka, Yuji Matsuzawa, Kikuko Hotta (2015) ADIPOQ polymorphisms are associated with insulin resistance in Japanese women. Endocr J, Vol. 62, No.6, pp.513-521.
  3. 松尾知明 (2015) 労働衛生と体力科学. 運動疫学研究, Vol.17, No.2, pp.81-89. DOI:10.24804/ ree.17.81
  4. 松尾知明 (2015) 肥満・メタボリックシンドロームに高め強度インターバル運動は有用か?. 肥満研究, Vol.21, No.2, pp.84-93.
  5. 松尾知明 (2015) 有人宇宙飛行と体力医学研究‐全身持久性体力の低下を予防する運動プログラム‐. 総合リハビリテーション, Vol.43, No.7, pp.627-632.
  6. 石川理可, 松尾知明 (2015) STOP!リバウンド. ジャストヘルス, 株式会社法研, 第353号3-4月号, pp.8-12.
  7. 田中喜代次, 小池城司, 松原建史, 松尾知明, 横山有里 (2015) 座談会「健康運動指導士の社会的台頭~新たな活躍の方向性~(前編), 健康づくり, 公益財団法人健康・体力づくり事業財団, Vol.38, No.9, pp.22-23.
  8. 田中喜代次, 小池城司, 松原建史, 松尾知明, 横山有里 (2015) 座談会「健康運動指導士の社会的台頭~新たな活躍の方向性~(後編), 健康づくり, 公益財団法人健康・体力づくり事業財団, Vol.38, No.10, pp.22-23.

2014

  1. Tomoaki Matsuo, Yoshio Nakata, Kikuko Hotta, Kiyoji Tanaka (2014) The FTO genotype as a useful predictor of body weight maintenance: Initial data from a 5-year follow-up study. Metabolism, Vol.63, No.7, pp.912-917.
  2. Tomoaki Matsuo, Kousaku Saotome, Satoshi Seino, Nobutake Shimojo, Akira Matsushita, Motoyuki Iemitsu, Hiroshi Ohshima, Kiyoji Tanaka, Chiaki Mukai (2014) Effects of a low-volume aerobic-type interval exercise on VO2max and cardiac mass. Medicine & Science in Sports & Exercise, Vol.46, pp.42-50.
  3. Tomoaki Matsuo, Kousaku Saotome, Satoshi Seino, Miki Eto, Nobutake Shimojo, Akira Matsushita, Motoyuki Iemitsu, Hiroshi Ohshima, Kiyoji Tanaka, Chiaki Mukai (2014) Low-volume, high-intensity, aerobic interval exercise for sedentary adults: VO2max, cardiac mass, and heart rate recovery. European Journal of Applied Physiology, Vol.114, pp.1963-1972.
  4. Mark Barroso, Tomoaki Matsuo (2014) Fitness Breakthroughs, Men’s Fitness, pp.8.
  5. 田中喜代次, 松尾知明 (2014) ランニングのスポーツ医学 高強度運動としてのランニングの効用, 臨床スポーツ医学, Vol.31, pp.818-822.
  6. 鈴木一郎, 大島博, 松尾知明 (2014) 宇宙飛行士のトレーニングを公開, Tarzan No.661, pp.102-109. 株式会社マガジンハウス
  7. 松尾知明 (2014) 「メディカルフィットネスQ&A」日本メディカルフィットネス研究会編集(著者59名) 有所見者による高強度有酸素運動, 担当箇所:pp.24-27, pp.74-75, pp.127-129, pp.190-191. 社会保険研究所

2013

  1. Kikuko Hotta, Aya Kitamoto, Takuya Kitamoto, Seiho Mizusawa, Hajime Teranishi, Rina So, Tomoaki Matsuo, Yoshio Nakata, Hideyuki Hyogo, Hidenori Ochi, Takahiro Nakamura, Seika Kamohara, Nobuyuki Miyatake, Kazuaki Kotani, Naoto Itoh, Ikuo Mineo, Jun Wada, Masato Yoneda, Atsushi Nakajima, Tohru Funahashi, Shigeru Miyazaki, Katsuto Tokunaga, Hiroaki Masuzaki, Takato Ueno, Kazuaki Chayama, Kazuyuki Hamaguchi, Kentaro Yamada, Toshiaki Hanafusa, Shinichi Oikawa, Toshiie Sakata, Kiyoji Tanaka, Yuji Matsuzawa, Kazuwa Nakao, Akihiro Sekine (2013) Replication study of 15 recently published loci for body fat distribution in the Japanese population. J Atherosclero Thromb Vol.20, No.4, pp.336-350.
  2. Satoshi Seino, Noriko Yabushita, Mi-Ji Kim, Miyuki Nemoto, Songee Jung, Yosuke Osuka, Yoshiro Okubo, Rafael Figueroa, Tomoaki Matsuo, Kiyoji Tanaka (2013) Physical performance measures as a useful indicator of multiple geriatric syndromes in women aged 75 years and older. Geriatr Gerontol Int, Vol.13, No.4, pp.901-910.
  3. Aya Kitamoto, Takuya Kitamoto, Seiho Mizusawa, Hajime Teranishi, Rina So, Tomoaki Matsuo, Yoshio Nakata, Hideyuki Hyogo, Hidenori Ochi, Takahiro Nakamura, Seika Kamohara, Nobuyuki Miyatake, Kazuaki Kotani, Ryoya Komatsu, Naoto Itoh, Ikuo Mineo, Jun Wada, Masato Yoneda, Atsushi Nakajima, Tohru Funahashi, Shigeru Miyazaki, Katsuto Tokunaga, Hiroaki Masuzaki, Takato Ueno, Kazuaki Chayama, Kazuyuki Hamaguchi, Kentaro Yamada, Toshiaki Hanafusa, Shinichi Oikawa, Toshiie Sakata, Kiyoji Tanaka, Yuji Matsuzawa, Kazuwa Nakao, Akihiro Sekine, Kikuko Hotta (2013) NUDT3 rs206936 is associated with body mass index in obese Japanese women. Endocr J, Vol.60, No.8, pp.991-1000.
  4. 松尾知明, 田中喜代次, 山田深, 大島博, 向井千秋 (2013) 宇宙環境でのVO2max低下を抑制するための運動プログラム. 筑波大学体育系紀要Vol.36, pp.93-103.
  5. 中田由夫, 松尾知明 (2013) 肥満と減量に対する遺伝的要因. 医学のあゆみ, Vol.245, No.2, pp.195-200.
  6. 石飛カノ, 松尾知明 (2013) マジで危ないリバウンドの話, Tarzan No.637, pp.14-25. 株式会社マガジンハウス
  7. 松尾知明 (2013) 「健康づくり・介護予防のための体力測定評価法」田中喜代次・木塚朝博・大藏倫博編集(他著者20名)江藤幹, 松尾知明:P147-51「セルフエフィカシーの測定と評価」, 沼尾成晴, 松尾知明:P158-65「安静時・運動時のエネルギー代謝の測定と評価」, 株式会社金芳堂
  8. 中田由夫, 松尾知明 (2013) 肥満と減量に対する遺伝的要因. 「疾病予防・健康増進のための分子スポーツ医学」正田純一編集(他著者25名), pp.87-92. 医歯薬出版株式会社

2012

  1. Tomoaki Matsuo, Kazunori Ohkawara, Satoshi Seino, Nobutake Shimojo, Shin Yamada, Hiroshi Ohshima, Kiyoji Tanaka, Chiaki Mukai (2012) Cardiorespiratory fitness level correlates inversely with excess post-exercise oxygen consumption after aerobic-type interval training. BMC Res Notes, Vol.5, pp.646.
  2. Tomoaki Matsuo, Kazunori Ohkawara, Satoshi Seino, Nobutake Shimojo, Shin Yamada, Hiroshi Ohshima, Kiyoji Tanaka, Chiaki Mukai (2012) An exercise protocol designed to control energy expenditure for long-term space missions. Aviat Space Environ Med Vo.83, No.8, pp.783-789.
  3. Tomoaki Matsuo, Satoshi Seino, Kazunori Ohkawara, Kiyoji Tanaka, Shin Yamada, Hiroshi Ohshima, Chiaki Mukai (2012) A Preliminary Exercise Study of Japanese Version of High-intensity Interval Aerobic Training (J-HIAT). Transactions of JSASS Aerospace Technology Japan, Vol.10, No.ists28, pp.Tp_15-Tp_17.
  4. Tomoaki Matsuo, Yoshio Nakata, Yukako Murotake, Kikuko Hotta, Kiyoji Tanaka. Effects of FTO genotype on weight loss and metabolic risk factors in response to calorie restriction among Japanese women. Obesity Vol.20, No.5, pp.1122-1126.
  5. Rina So, Hiroyuki Sasai, Tomoaki Matsuo, Takehiko Tsujimoto, Miki Eto, Kousaku Saotome, Kiyoji Tanaka (2012) Visceral Adipose Tissue Volume Estimated at Imaging Sites 5-6 cm Above L4-L5 Is Optimal for Predicting Cardiovascular Risk Factors in Obese Japanese Men. The Tohoku Journal of Experimental Medicine, Vol.227, No.4, pp.297-305.
  6. Rina So, Tomoaki Matsuo, Hiroyuki Sasai, Miki Eto, Takehiko Tsujimoto, Kousaku Saotome, Kiyoji Tanaka (2012) Best single-slice measurement site for the estimation of visceral adipose tissue volume with weight-loss in obese Japanese men. Nutrition & Metabolism Vol.9, pp.56.
  7. Rina So, Hiroyuki Sasai, Tomoaki Matsuo, Takehiko Tsujimoto, Miki Eto, Kousaku Saotome, Kiyoji Tanaka (2012) Multiple-slice magnetic resonance imaging can detect visceral adipose tissue reduction more accurately than single-slice imaging. European Journal of Clinical Nutrition, Vol.66, No.12, pp.1351-1355.
  8. Maki Niihori, Shin Yamada, Tomoaki Matsuo, Reiko Nakao, Takashi Nakazawa, Yoshito Kamiyama, Hajime Takeoka, Akiko Matsumoto, Hiroshi Ohshima, Chiaki Mukai (2012) Mission X in Japan; An education outreach program featuring astronautical specialties and knowledge. Transactions of JSASS, Aerospace Technology Japan Vol.10, No.ists28, pp.Tp_23-Tp_27.
  9. Kikuko Hotta, Aya Kitamoto, Takuya Kitamoto, Seiho Mizusawa, Hajime Teranishi, Tomoaki Matsuo, Yoshio Nakata, Hideyuki Hyogo, Hidenori Ochi, Takahiro Nakamura, Seika Kamohara, Nobuyuki Miyatake, Kazuaki Kotani, Ryoya Komatsu, Naoto Itoh, Ikuo Mineo, Jun Wada, Masato Yoneda, Atsushi Nakajima, Tohru Funahashi, Shigeru Miyazaki, Katsuto Tokunaga, Hiroaki Masuzaki, Takato Ueno, Kazuaki Chayama, Kazuyuki Hamaguchi, Kentaro Yamada, Toshiaki Hanafusa, Shinichi Oikawa, Hironobu Yoshimatsu, Toshiie Sakata, Kiyoji Tanaka, Yuji Matsuzawa, Kazuwa Nakao & Akihiro Sekine (2012) Genetic variations in the CYP17A1 and NT5C2 genes are associated with a reduction in visceral and subcutaneous fat areas in Japanese women. Journal of Human Genetics Vol57, pp.46-51.
  10. Kikuko Hotta, Aya Kitamoto, Takuya Kitamoto, Seiho Mizusawa, Hajime Teranishi, Rina So, Tomoaki Matsuo, Yoshio Nakata, Hideyuki Hyogo, Hidenori Ochi, Takahiro Nakamura, Seika Kamohara, Nobuyuki Miyatake, Kazuaki Kotani, Ryoya Komatsu, Naoto Itoh, Ikuo Mineo, Jun Wada, Masato Yoneda, Atsushi Nakajima, Tohru Funahashi, Shigeru Miyazaki, Katsuto Tokunaga, Hiroaki Masuzaki, Takato Ueno, Kazuaki Chayama, Kazuyuki Hamaguchi, Kentaro Yamada, Toshiaki Hanafusa, Shinichi Oikawa, Hironobu Yoshimatsu, Toshiie Sakata, Kiyoji Tanaka, Yuji Matsuzawa, Kazuwa Nakao, Akihiro Sekine (2012) Association between type 2 diabetes genetic susceptibility loci and visceral and subcutaneous fat area as determined by computed tomography. Journal of Human Genetics, Vol.57, pp.305-310.
  11. Satoshi Seino, Mi-ji Kim, Noriko Yabushita, Miyuki Nemoto, Songee Jung, Yosuke Osuka, Yoshiro Okubo, Tomoaki Matsuo, Kiyoji Tanaka (2012) Is a composite score of physical performance measures more useful than usual gait speed alone in assessing functional status? Archives of Gerontology and Geriatrics, Vol.55, No.2, pp.392-398.
  12. Satoshi Seino, Noriko Yabushita, Mi-ji Kim, Miyuki Nemoto, Songee Jung, Yosuke Osuka, Yoshiro Okubo, Tomoaki Matsuo, Kiyoji Tanaka (2012) Comparison of a combination of upper extremity performance measures and usual gait speed alone for discriminating upper extremity functional limitation and disability in older women. Archives of Gerontology and Geriatrics Vol.55, No.2, pp.486-491.
  13. Miyuki Nemoto, Noriko Yabushita, Mi-Ji Kim, Tomoaki Matsuo, Satoshi Seino, Kiyoji Tanaka (2012) Assessment of vulnerable older adults’ physical function according to the Japanese Long-Term Care Insurance system and Fried’s criteria for frailty syndrome. Archives of Gerontology and Geriatrics, Vol.55, pp.385-391.
  14. Shigeharu Numao, Hiroyuki Sasai, Yasuhiro Nomata, Tomoaki Matsuo, Miki Eto, Takehiko Tsujimoto, Kiyoji Tanaka (2012) Effects of Exercise Training on Circulating Retinol-Binding Protein 4 and Cardiovascular Diseases Risk Factors in Obese Men. Obesity Facts, Vol.5, No.6, pp.845-855.
  15. Miyuki Nemoto, Noriko Yabushita, Mi-Ji Kim Kim, Tomoaki Matsuo, Satoshi Seino, Songee Jung, Hiroyuki Sasai, Kiyoji Tanaka. Validity of the bioelectrical impedance method for assessing body composition in non-frail and pre-frail older adults. International Journal of Body Composition Research, Vol.10, No.2, pp.55-62.
  16. Miki Eto, Kazunori Ohkawara, Hiroyuki Sasai, Takehiko Tsujimoto, Rina So, Tomoaki Masuo, Hiroyuki Ohkubo and Kiyoji Tanaka (2012) Efficiency of a free-living physical activity promotion program following diet modification for fat loss in Japanese obese men. Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.58, No.6, pp.384-392.
  17. Kazunori Ohkawara, Yuki Hikihara, Tomoaki Matsuo, Edward L. Melanson, Masanobu Hibi (2012) Variable factors of total daily energy expenditure in humans. J Phys Fitness Sports Med, Vol.1, pp.389-399.
  18. 松尾知明, 根本みゆき, 大須賀洋祐, 田中喜代次 (2012) 配偶者を通じた間接的な生活習慣介入が体重とメタボリックシンドローム構成因子に及ぼす影響:2年後の追跡調査. 体力科学, Vol.61, No.4, pp.393-402.
  19. 江藤幹, 笹井浩行, 松尾知明, 片山靖富, 大久保寛之, 中田由夫, 田中喜代次 (2012) 食事改善または運動実践が肥満男性の活力年齢に及ぼす影響. 健康支援 Vol.14, pp.13-23.
  20. 江藤幹, 笹井浩行, 辻本健彦, 蘇リナ, 松尾知明, 大久保寛之, 大河原一憲, 田中喜代次 (2012) 減量プログラム中の身体活動量がその後の腹部内臓脂肪の再増加に及ぼす影響. 肥満研究 Vol.18, pp.52-60.
  21. 大須賀洋祐, 藪下典子, 金美芝, 清野諭, 松尾知明, 大久保善郎, 根本みゆき, 鄭松伊, 大藏倫博, 田中喜代次 (2012) 身体的虚弱が疑われる低体力と運動量の関係: 地域在住高齢女性を対象とした横断研究. 体育学研究 Vol.57, pp.9-11.
  22. 大須賀洋祐, 藪下典子, 金美芝, 清野諭, 鄭松伊, 大久保善郎, 根本みゆき, 松尾知明, 田中喜代次 (2012) 高齢女性における高次生活機能の階層性と強度別身体活動量との関連-地域支援事業参加者を対象とした横断研究-. 体力科学 Vol.61, pp.327-334.
  23. 野又康博, 松尾知明, 江藤幹, 辻本健彦, 蘇リナ, 室武由香子, 田中喜代次 (2012) 減量介入研究における血清リポタンパク粒子径とHDL亜分画コレステロール測定の意義. 肥満研究, Vol. 18, pp.126-133.
  24. 松尾知明 (2012) 「スマートダイエット メタボリックシンドローム予防・改善のための減量指導」田中喜代次・大藏倫博編集(他著者5名)担当箇所:P14「肥満関連遺伝子」、P79-86「行政での健康支援事業」. 公益財団法人健康・体力づくり事業財団

学会発表等(2012~)

2024

  1. Tomoaki Matsuo, Rina So, Fumiko Murai, Yuki Nishimura, Jaehoon Seol, Katsuyoshi Mizukami (2024) Development of a theoretical model and questionnaire regarding worker’s mental fitness. 2024 ACSM Annual Meeting, World Congress on Exercise is Medicine. Abstract apps.
  2. Rina So, Fumiko Murai, Jaehoon Seol, Tomoaki Matsuo (2024) Impact of occupational physical activity on cardiomeatbolic health in Japanese workers. 2024 ACSM Annual Meeting, World Congress on Exercise is Medicine. Abstract apps.
  3. Fumiko Murai, Rina So, Jaehoon Seol, Tomoaki Matsuo (2024) A novel step-test protocol enabling individual measurements with no special equipment. 2024 ACSM Annual Meeting, World Congress on Exercise is Medicine. Abstract apps.
  4. Rina So, Fumiko Murai, Jaehoon Seol, Tomoaki Matsuo (2024) Impact of occupational sitting time on cardiometabolic health in Japanese workers. GSPHCM-CUK and UOEH exchange program symposium 2024. Abstract book, pp 31-34.
  5. 松尾知明,蘇リナ,村井史子,西村悠貴,薛 載勲, 日野俊介,水上勝義(2024)精神的体力(mental fitness)の評価ツール開発に向けた取り組み. 第97回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, 66巻, p.485.
  6. 村井史子,蘇リナ,薛 載勲,松尾知明(2024)職場や自宅で自己測定可能な心肺持久力評価方法. 第97回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, 66巻, p.536.
  7. 蘇リナ(2024)体力評価に基づく疾病予防戦略と実践的アプローチ, 令和5年度過労死等防止調査研究センター研究成果発表シンポジウム.

2023

  1. Tomoaki Matsuo, Rina So, Fumiko Murai (2023) Estimation methods for detecting changes in cardiorespiratory fitness due to exercise training and subsequent detraining. 2023 ACSM Annual Meeting, World Congress on Exercise is Medicine. Abstract apps.
  2. Rina So, Fumiko Murai, Manabu Fujii, Sanae Watanabe, Tomoaki Matsuo (2023) Association of sitting time and cardiorespiratory fitness with cardiovascular disease risk and healthcare costs. 2023 ACSM Annual Meeting, World Congress on Exercise is Medicine. Abstract apps.
  3. Fumiko Murai, Rina So, Manabu Fujii, Sanae Watanabe, Tomoaki Matsuo (2023) Pandemic-mediated changes in sitting time: Effects on obesity and cardiorespiratory fitness. 2023 ACSM Annual Meeting, World Congress on Exercise is Medicine. Abstract apps.
  4. 松尾知明(2023)宇宙医学を経験した産業衛生研究者からみた両者の共通性に関する一考察,第69回日本宇宙航空環境医学会大会シンポジウム「宇宙×産業衛生」,抄録集,p.25.
  5. 中田由夫,甲斐裕子,笹井浩行,松尾知明,蘇リナ,辻本健彦,水島諒子,奥原剛(2023)働く人のためのアクティブガイド,第34回日本臨床スポーツ医学会学術集会合同シンポジウム,予稿集, p.189.
  6. 蘇リナ,村井史子,薛載勲,松尾知明(2023)日本人労働者の勤務中身体活動の現状と課題,第34回日本臨床スポーツ医学会学術集会合同シンポジウム,予稿集, p.189.
  7. 松尾知明(2023)労働人口減少社会における体力科学研究と産業保健,第33回日本産業衛生学会全国協議会4部会合同シンポジウム「労働現場における急速な少子高齢化への対応」,講演集,p.136.
  8. 松尾知明, 蘇 リナ,村井史子(2023) 労働者の健康リスク軽減を目指す体力科学研究,日本産業衛生学会関東地方会第1回健康的な職場づくり研究会研修会,オンライン.
  9. 中田由夫,甲斐裕子,笹井浩行,松尾知明,蘇リナ,辻本健彦,水島諒子,奥原剛(2023)働く人が職場で活動的に過ごすためのポイント, 日本体力医学会特別大会2023東京シンポジウム, 予稿集, p.48.
  10. 松尾知明,蘇 リナ,西村悠貴,村井史子,田中喜代次,水上勝義,日野俊介 (2023) 労働者の健康リスク軽減を目指す体力科学研究.第71回日本職業・災害医学会学術大会,日本職業・災害医学会誌,Vol.71(Suppl.),p.102.
  11. 小松美保,松田若菜,蘇リナ,松尾知明(2023)組織的なアプローチに基づく健康増進への取り組み-「METABO卒。体力向上プロジェクト」を通して-,第33回日本産業衛生学会全国協議会,講演集,p.206.
  12. 薛載勲,蘇リナ,村井史子,松尾知明(2023)労働者の運動習慣が社会的時差ぼけ、抑うつ、プレゼンティーズムに及ぼす影響:3者の関係性に基づいた検討. 日本睡眠学会第45回定期学術集会, 抄録集, p.300.
  13. 松尾知明,蘇リナ,村井史子,西村悠貴,日野俊介,水上勝義(2023)精神的体力の理論モデル生成に向けた質的研究. 第96回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, 65巻, p.330.
  14. 村井史子,蘇リナ,藤居学,渡辺早苗,松尾知明(2023)コロナ禍における生活活動の変化と肥満や心肺機能との関連. 第96回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, 65巻, p.336.
  15. 蘇リナ,中村有里,松尾知明(2023)メタボリックシンドローム改善に向けた遠隔指導型生活習慣改善プログラムの効果ー企業労働者を対象とした介入研究ー. 第96回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, 65巻, p.337.
  16. 薛載勲,蘇リナ,村井史子,松尾知明(2023)日勤労働者の勤務日における睡眠・活動リズムと心肺持久力との関係. 第25回日本運動疫学会学術総会, 抄録集, p.45.
  17. 蘇リナ,村井史子,薛載勲,松尾知明(2023)職種別・男女別にみた日本人労働者の座位時間と健康リスク. 第25回日本運動疫学会学術総会, 抄録集, p.46.
  18. 村井史子,蘇リナ,松尾知明(2023)大規模疫学調査に向けたデータ収集、身体活動分析ツールの開発​~web活動日誌、HANAE2の紹介~​. 第25回日本運動疫学会学術総会, 抄録集, p.47.
  19. 佐藤ゆき, 高橋正也, 落合由子, 松尾知明, 佐々木 毅, 深澤健二(2023)JNIOSHコホート研究の進捗と中間分析結果‐労働時間と健康状態の年代別・性別の特徴‐. 第33回日本疫学会学術総会, 抄録集, p.170.

2022

  1. 蘇リナ,松尾知明(2022)労働者の体力評価と健康増進. 日本労働科学学会,2022年度春季部会
  2. 蘇リナ, 村井史子, 藤居学, 渡辺早苗, 松尾知明(2022)労働者の心肺持久力と勤務中座位行動が心血管疾患リスクと年間医療費に及ぼす影響―日本AIGグループの健診情報とレセプトデータを用いた検討―. 第95回日本産業衛生学会. 産業衛生学雑誌, vol.64, pp.58.
  3. 松尾知明,蘇リナ,村井史子(2022)重回帰モデルを用いた心肺持久力推定法の課題. 第95回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, vol.64, pp.59.
  4. 村井史子, 蘇リナ, 松尾知明(2022)「労働者生活活動時間調査票(JNIOSH-WLAQ)」のwebシステム構築. 第95回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, vol.64, pp.69.
  5. 蘇リナ, 村井史子, 松尾知明(2022)労働者の座位時間評価方法の検討~ activPAL、オムロン活動量計、WLAQ(調査票)を用いた横断的検討~. 第24回日本運動疫学会学術総会, 抄録集, pp40.
  6. 村井史子, 蘇リナ, 松尾知明(2022)大規模疫学調査に向けた「労働者生活活動時間調査票(JNIOSH-WLAQ)」のweb化. 第24回日本運動疫学会学術総会, 抄録集, pp.41.
  7. 松尾知明,蘇リナ,村井史子,西村悠貴,日野俊介,水上勝義(2022)労働者の精神的体力(mental fitness)に関する質的研究. 第77回日本体力医学会大会
  8. 蘇リナ,村井史子,中村有里,松尾知明(2022)労働者の健康管理ツールとして開発したステップテストによる心肺持久力と心血管疾患リスクとの関係. 第77回日本体力医学会大会, 抄録集, p.239.
  9. 中村有里,蘇リナ,村井史子,松尾知明(2022)メタボリックシンドローム改善に向けた遠隔指導型生活習慣改善プログラムの効果. 第77回日本体力医学会大会, 抄録集, p.234.
  10. 落合由子, 高橋正也, 松尾知明, 佐々木 毅, 佐藤ゆき, 深澤健二, 荒木 剛, 土屋政雄, 大塚泰正(2022)過去6か月間の労働時間状況とその後の睡眠状態との関連. 第29回日本行動医学会, 抄録集, p.33.
  11. Yuki Nishimura, Takeshi Takeshi Sasaki, oru Yoshikawa, Tomohide Kubo, Tomoaki Matsuo, Xinxin Liu, Masaya Takahashi (2022) Web-based Follow-up Study on Relation Between Work-related Events and Depression in Japanese Workers. 33rd International Congress on Occupational Health, Safety and Health at Work Vol.13, pp.S297-S298.

2021

  1. 松尾知明,蘇リナ,村井史子 (2021) 社会経済的地位と運動習慣や体力との関係~東京圏で勤務する労働者の健康格差~. 第94回日本産業衛生学会オンデマンド発表, 産業衛生学雑誌, vol.63, pp.528.
  2. 松尾知明 (2021) 本邦におけるHIIT研究(その有益性と留意点)J-HI|AT~労働衛生分野におけるHIIT研究. 第76回日本体力医学会大会 シンポジウム15, 抄録, pp.102.
  3. 松尾知明, 蘇リナ, 村井史子 (2021) 運動トレーニング介入による実測VO2maxの変化に推定VO2maxは追随できるか. 第76回日本体力医学会大会, 予稿集, pp.237.
  4. 蘇リナ, 村井史子, 松尾知明 (2021) 労働者の座位時間評価方法の検討:activPAL、オムロン活動量計、WLAQ(調査票). 第76回日本体力医学会大会, 予稿集, p.247.
  5. 村井史子, 松尾知明, 蘇 リナ (2021) 大規模疫学調査に向けた身体活動・心拍データ処理システムの開発. 第76回日本体力医学会大会, 予稿集, pp.247.
  6. 松尾知明 (2021) 講演「宇宙医学‧労働衛生分野における体力科学研究」. 東京理科大学第12回スペース・コロニー講演会
  7. 蘇リナ, 松尾知明 (2021) 労働者のMS改善に向けた高強度インターバルトレーニングと食事改善の有効性. 第94回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, 63巻, pp.540.
  8. 蘇リナ, 村井史子, 松尾知明 (2021) メタボリックシンドロームの改善に向けた高強度インターバルトレーニングの可能性. 第41回日本肥満学会シンポジウム「肥満治療としての運動・スポーツ・身体活動の可能性」, 肥満研究, Vol.26, supplement
  9. 佐藤ゆき, 高橋正也, 落合由子, 松尾知明, 佐々木毅, 深澤健二(2021)JNIOSHコホート研究の概要と進捗. 第31回日本疫学会学術総会.
  10. 池田大樹,久保智英,佐々木毅, 西村悠貴, 劉欣欣, 松尾知明, 蘇リナ,松元俊,高橋正也(2021)勤務間インターバルの変化が睡眠時間に及ぼす影響:日勤労働者を対象とした縦断調査. 第94回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, vol.63, pp.335.
  11. 木内敬太,佐々木毅,高橋正也,久保智英,吉川徹,松尾知明, 劉欣欣(2021)職場での心理的負荷を伴う出来事の経験パターンの分類と睡眠および抑うつ症状との関連. 第94回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, vol.63, pp.557.

2020

  1. 松尾知明, 蘇リナ (2020) 東京圏で勤務する労働者の運動実践の実態に関する大規模調査, 第93回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.62, pp.428.
  2. 蘇リナ, 松尾知明, 高橋正也 (2020) 勤務中座位時間と健康関連指標との関係-労働者生活行動時間調査票を用いて-. 第93回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.62, pp.353.
  3. 西村悠貴, 佐々木毅, 吉川徹, 久保智英, 松尾知明, 劉欣欣, 高橋正也 (2020) 労働者一万人対象のWEB追跡調査による職場における具体的出来事と高ストレス者の関連. 第93回日本産業衛生学会.
  4. 落合由子, 高橋正也, 松尾知明, 佐々木毅, 深澤健二, 荒木剛, 土屋政雄, 深澤健二, 荒木剛, 大塚泰正 (2020) 労働者における残業蓄積と健康指標との前向きの関連の検討. 第28回日本産業ストレス学会.

2019

  1. 蘇リナ, 松尾知明 (2019) JNIOSH-WLAQで評価した勤務中の座位時間と心肺持久力、健診結果、抗うつ状態との関係. 第74回日本体力医学会大会, 抄録集, pp.250.
  2. 松尾知明 (2019) 講演「体力科学の視点から健康経営を考える:労働安全衛生総合研究所の取り組み」, 横浜駅ウェルネスセンター健康経営セミナー
  3. 松尾知明 (2019) 講演「労働衛生分野における体力科学研究」. 鹿屋体育大学大学院特別講演
  4. 松尾知明, 蘇リナ (2019) 労働者の体力・身体活動に関する研究, 令和元年度労働者健康安全機構調査・研究発表会, 抄録, pp.13.
  5. 松尾知明, 蘇リナ (2019) 職場を健康増進の拠点とするための労働体力科学研究. 第74回日本体力医学会大会 シンポジウム4 「職域における身体活動・運動と健康経営・働き方改革」, 抄録集, pp.102.
  6. 松尾知明, 蘇リナ (2019) 労働者の体力・身体活動に関する研究. 令和元年度労働者健康安全機構調査・研究発表会, 抄録, pp.13.

2018

  1. Tomoaki Matsuo, Rina So (2018) A new practical procedure for assessing cardiorespiratory fitness in workplace health check-ups. The 32nd International Congress on Occupational Health.
  2. 松尾知明 (2018) 効率的な運動処方へ向けて. 第64回日本宇宙航空環境医学会大会 シンポジウム2「宇宙飛行士のフィジカルトレーニング」
  3. 松尾知明 (2018) 体力低位者と高強度インターバル運動. 第25回日本未病システム学会 シンポジウム1「生産年齢人口における未病~運動の日常化における新戦略」
  4. 松尾知明, 蘇リナ (2018) 東京圏に勤務する労働者の運動実践の実態に関する大規模調査2~運動を習慣化できないのは何故か~. 第73回日本体力医学会大会
  5. 蘇リナ, 松尾知明 (2018) 東京圏に勤務する労働者の運動実践の実態に関する大規模調査1~運動習慣の有無・座位時間の多寡がメタボリックシンドロームに及ぼす影響~. 第73回日本体力医学会大会
  6. 松尾知明 (2018) 運動強度と心筋・心肺持久力. 第37回日本臨床運動療法学会 シンポジウム「運動効果のメカニズム」
  7. 松尾知明, 蘇リナ(2018) 労働者の心肺持久力を簡便且つ安全に測定するための指標開発. 第91回日本産業衛生学会, 予稿集
  8. 蘇リナ, 松尾知明, 佐々木毅, 劉欣欣, 久保智英, 池田大樹, 松元俊, 高橋正也 (2018) 勤務中の座位を立位/歩行に置き換えることで得られる健康利益. 第91回日本産業衛生学会, 予稿集
  9. 佐々木毅, 久保智英, 劉欣欣, 松尾知明, 池田大樹, 蘇リナ, 高橋正也 (2018) 就業者1万人のWeb調査における過重労働と過去1年間の既往歴. 第91回日本産業衛生学会, 予稿集, pp.307.
  10. 池田大樹, 久保智英, 佐々木毅, 劉欣欣, 松尾知明, 蘇リナ, 松元俊, 高橋正也 (2018) 勤務日と休日の睡眠時間の差と勤務間インターバルの関連性:横断web調査による検討. 第43回日本睡眠学会
  11. Hiroki Ikeda, Tomohide Kubo, Takeshi Sasaki, Xinxin Liu, Tomoaki Matsuo, Rina So, Shun Matsumoto, Takashi Yamauchi, Masaya Takahashi (2018) Sleep quality and quantity in Japanese daytime workers in association with the duration of the daily rest period. 欧州睡眠学会
  12. Shigeru Makita, Ryutaro Uchida, Tomoaki Matsuo (2018) High Intensity Interval Training in Patients with Coronary Heart Disease. International Symposium of Sports Medical Science for Persons with Impairements in Wakayama 2018, 抄録集, pp.28.

2017

  1. Tomoaki Matsuo, Rina So (2017) Worker’s Cardiorespiratory Fitness Evaluation Using a 3-min Step Test with Daily Physical Activity Assessments. The 65th annual meeting of American College of Sports Medicine, Medicine & Science in Sports & Exercise, Vol.50, 5S, pp.408.
  2. Tomoaki Matsuo, Hiroyuki Sasai, Rina So, Kazunori Ohkawara (2017) Reliability and validity of workers’ sitting time questionnaire (JNIOSH-WPAQ) using the percentage method. The 64th annual meeting of American College of Sports Medicine, Denver, USA.
  3. Rina So, Tomoaki Matsuo, Kiyoji Tanaka (2017) A useful equation for predicting visceral adipose tissue volume from anthropometric measurements. 64th annual meeting of American College of Sports Medicine, Denver, USA.
  4. 松尾知明 (2017) 講演「労働安全衛生総合研究所が取り組むメディカルフィットネス研究」. 第15回メディカルフィットネスフォーラム
  5. 松尾知明 (2017) 心臓の筋トレプログラム(high-intensity interval aerobic training: HIAT). 第63回日本宇宙航空環境医学会大会 シンポジウム3「筋骨格系」
  6. 松尾知明 (2017) 労働者のメタボリックシンドローム対策:時間効率を重視した介入プログラムの提案. 第76回全国産業安全衛生大会 「労働衛生管理活動分科会特別報告」
  7. 松尾知明 (2017) 労働者のメタボリックシンドローム対策. 平成29年度安全衛生技術講演会
  8. 蘇リナ, 松尾知明 (2017) 労働者の勤務中の座位時間と体力およびストレス対処能力との関係. 第72回日本体力医学会大会, 予稿集, pp.152.
  9. 松尾知明 (2017) 成人の身体活動・運動促進戦略~労働安全衛生総合研究所が取り組む体力科学研究~. 第20回日本運動疫学会学術総会 シンポジウム「生涯を通じて身体活動・運動を促進するためには何が必要か各世代における身体活動・運動促進戦略の特徴と今後の課題」
  10. 蘇リナ, 松尾知明, 佐々木毅, 久保智英, 劉欣欣, 高橋正也 (2017) 労働者の勤務中座位時間が健康リスクに及ぼす影響~日本の労働力人口を模した集団に対するWeb調査. 第20回日本運動疫学会 学術総会
  11. 松尾知明 (2017) 「職業性座位行動~職業性曝露として考える仕事中の座り過ぎ」座位行動の測定. 第90回日本産業衛生学会 公募シンポジウム
  12. 蘇リナ, 松尾知明, 茅嶋 (2017) 労働者の座位行動が全身持久性体力に及ぼす影響, 第90回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌59, pp.353.
  13. 松尾知明 (2017) 高め強度インターバルトレーニング~体力低位者への適用~. 第169回日本体力医学会関東地方会 教育講演
  14. 蘇リナ (2017) 過労死等調査研究センターが取り組む労働体力科学研究. 第18回日本健康支援学会年次学術大会 シンポジウム「職域での健康づくり課題とその支援策」
  15. 山内貴史, 茅嶋康太郎, 吉川徹, 高橋正也, 佐々木毅, 久保智英, 劉欣欣, 松尾知明, 池田大樹, 蘇リナ, 松元俊 (2017) 2010年以降のわが国における精神障害の労災認定事案の分析. 第90回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, vol.59, pp.327.
  16. 吉川徹, 茅嶋康太郎, 佐々木毅, 松元俊, 山内貴史, 久保智英, 劉欣欣, 松尾知明, 池田大樹, 蘇リナ, 高橋正也 (2017) わが国における2010~2015年の脳・心臓疾患の労災認定事案のデータベース開発と分析. 第90回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, vol.59, pp.345.

2016

  1. Tomoaki Matsuo (2016) Exercise protocol designed to control energy expenditure for long-term space missions. 14th European Life Sciences Symposium, Plenary Session “Nutrition and Metabolism”
  2. 松尾知明, 蘇リナ (2016) 労働者の座位・歩行時間を評価する質問紙(JNIOSH-WSWQ)の開発:時間法と割合法の比較. 第89回日本産業衛生学会
  3. 松尾知明 (2016) 講演「スポーツ医学研究の最前線 体力低位者向け高強度インターバル運動」メディカルフィットネスセミナーin名古屋
  4. 松尾知明, 蘇リナ, 大須賀洋祐 (2016) 高強度インターバルトレーニングの長所・短所. 第35回日本臨床運動療法学会学術集会 教育講演, 抄録集, pp.32.
  5. 松尾知明 (2016) 肥満者とHIIT(high-intensity interval training). 第34回日本肥満症治療学会学術集会 シンポジウム「肥満者のためのエクササイズ-明日からの実践に向けて-」
  6. 蘇リナ, 松尾知明 (2016) 腹部内臓脂肪の蓄積を評価する新しい推定式の作成とその妥当性の検証, 第89回日本産業衛生学会
  7. 松尾知明 (2016) メタボリックシンドローム対策~忙しい労働者へのアプローチ~. 第17回日本健康支援学会年次学術大会 ワークショップ「運動による保健指導の実際」, 健康支援, Vol.18, No.1, pp.54.
  8. 蘇リナ, 松尾知明, 金甫建, 田中喜代次 (2016) 運動が腹部脂肪体積やVO2maxに及ぼす効果:運度の様式や量が異なる介入法の比較. 第17回日本健康支援学会年次学術大会, 健康支援, Vol.18, No.1, pp.88.

2015

  1. Kiyoji Tanaka, Rina So, Hiroyuki Sasai, Takehiko Tsujimoto, Miki Eto, Tomoaki Matsuo (2015) A prediction equation for visceral adipose tissue volume via anthropometric measures in Japanese men. Obesity Week 2015
  2. 松尾知明 (2015) 「運動プログラムの実際(運動療法プログラム作成実習(1)包括的プログラム作成/運動療法プログラム作成実習(2)過体重(肥満)・肥満症と高血糖・糖尿病)」. 平成27年度健康運動指導士養成講習会
  3. 松尾知明,蘇リナ,下條信威,田中喜代次(2015)労働衛生と体力科学. 第20回産業生態科学研究所 労働安全衛生総合研究所研究交流会
  4. 蘇リナ, 笹井浩行, 松尾知明, 江藤幹, 辻本健彦, 田中喜代次 (2015) 内臓脂肪体積推定式の構築と交差妥当性の検証. 第70回日本体力医学会大会 日本体力医学会プロジェクト研究の成果報告会
  5. 笹井浩行, 蘇リナ, 松尾知明, 江藤幹, 辻本健彦, 田中喜代次 (2015) 内臓脂肪体積を評価する意義と基準値の提案. 第70回日本体力医学会大会 日本体力医学会プロジェクト研究の成果報告会
  6. 松尾知明 (2015) 少子高齢化・人口減少社会「健康運動指導士は必要か?. 第70回日本体力医学会大会 シンポジウム「健康運動指導士など運動指導者の社会的台頭を祈念して」
  7. 松尾知明 (2015) メタボリックシンドローム対策:忙しい労働者へのアプローチ. 第10回日本メディカルフィットネスフォーラム シンポジウム「肥満者を対象とした運動プログラムとこれから」
  8. 蘇リナ (2015) 肥満およびメタボリックシンドローム改善における運動の役割. 第10回日本メディカルフィットネスフォーラム シンポジウム「肥満者を対象とした運動プログラムとこれから」
  9. 蘇リナ, 志田隆史, 呉世昶, 金甫建, 松尾知明, 田中喜代次, 正田純一 (2015) ランダム化比較試験による非アルコール性脂肪性肝疾患に効果的な運動方法の検討. 第70回日本体力医学会大会
  10. 松尾知明 (2015) 忙しい労働者に向けた新たなメタボリックシンドローム対策:高め強度インターバル有酸素性運動と食事制限を組み合わせたプログラムの効果, 第88回日本産業衛生学会
  11. 松尾知明 (2015) 講演「労働衛生分野における体力科学研究~JNIOSHの取り組み~」. 第88回日本産業衛生学会 職域身体活動研究会
  12. 松尾知明 (2015) 「“職場で”、“短時間で効率的に”取り組める肥満・メタボ対策の提案に向けて」, 職域多施設研究第45回検討会.
  13. 松尾知明 (2015) 講演「体力低位者と高強度運動(国際動向と本邦での取り組み)」. 第8回運動循環器医学研究会
  14. 佐々木毅, 柴田延幸, 松尾知明, 岡龍雄, 甲田茂樹 (2015) 騒音と手腕振動の複合ばく露による一時的聴力変化に関する予備的検討. 第88回日本産業衛生学会

2014

  1. Tomoaki Matsuo (2014) Exercise protocol designed to control energy expenditure for long-term space missions. Space and Food Seminar (Tsukuba) Space flight, exercise and energy expenditure
  2. Tomoaki Matsuo, Kousaku Saotome, Satoshi Seino, Miki Eto, Nobutake Shimojo, Akira Matsushita, Motoyuki Iemitsu, Hiroshi Ohshima, Kiyoji Tanaka, Chiaki Mukai (2014) Low-volume aerobic interval exercise for sedentary adults: VO2max, cardiac mass and heart rate recovery. The 61st annual meeting of American College of Sports Medicine.
  3. 松尾知明 (2014) 生活習慣介入・体力低位者に向けた“高め強度”運動の有用の可能性. 第35回日本肥満学会 シンポジウム「肥満における運動療法のトランスレーショナル研究」
  4. 松尾知明, 笹井浩行, 大河原一憲 (2014) 労働者の座位時間を評価する質問紙の開発:activPALを妥当基準とした試み. 第69回日本体力医学会大会
  5. 松尾知明, 相羽達弥, 大島博, 向井千秋 (2014) 身体不活動になりがちな労働者の全身持久性体力(VO2max)を時間効率良く改善する運動トレーニング法. 第87回日本産業衛生学会
  6. 松尾知明, 相羽達弥, 大島博, 田中喜代次, 向井千秋 (2014) 宇宙環境での体力低下・心筋萎縮を予防するための運動プログラム. 宇宙医学研究センター平成25年度研究開発報告会
  7. 松尾知明 (2014) 宇宙環境での体力低下・心筋萎縮を予防するための運動プログラム. 平成25年度宇宙医学生物学研究ワークショップ「宇宙飛行士の運動トレーニングと体力医学研究」
  8. 松尾知明 (2014) 「運動プログラムの実際(運動療法プログラム作成実習(1)包括的プログラム作成/運動療法プログラム作成実習(2)過体重(肥満)・肥満症と高血糖・糖尿病)」. 平成26年度健康運動指導士養成講習会

2013

  1. 松尾知明 (2013) 有酸素インターバル運動による時間節約効果:体力低位者への活用. 第68回日本体力医学会大会 ワークショップ「今一度、運動強度について考える」
  2. 松尾知明, 五月女康作, 清野諭, 江藤幹, 下條信威, 松下明, 家光素行, 大島博, 田中喜代次, 向井千秋 (2013) 有酸素インターバル運動による時間節約効果:体力低位者への活用. 第68回日本体力医学会大会

2012

  1. Tomoaki Matsuo, Kazunori Ohkawara, Satoshi Seino, Nobutake Shimojo, Shin Yamada, Hiroshi Ohshima, Kiyoji Tanaka, Chiaki Mukai (2012) An exercise protocol designed to control energy expenditure and to have a positive impact on maximal oxygen consumption for long-term space missions. 33rd International Society for Gravitational Physiology, Life in Space for Life on Earth Symposium, Aberdeen, UK,
  2. Tomoaki Matsuo, Kousaku Saotome, Satoshi Seino, Nobutake Shimojo, Akira Matsushita, Motoyuki Iemitsu, Hiroshi Ohshima, Kiyoji Tanaka, Chiaki Mukai (2012) Myocardial Mass Increases with both Sprint- and Aerobic-type Interval Exercise but not with a Traditional, Continuous Aerobic Exercise in Sedentary Adults: An 8-week Randomized Intervention Study. AHA Scientific Sessions 2012 (Session Title: Exercise Training and Physical Capacity: What’s New? From Basic Science to End of Life), Los Angeles, USA
  3. Rina So, Takehiko Tsujimoto, Miki Eto, Tomoaki Matsuo, Hiroyuki Sasai, Kiyoji Tanaka (2012) Influence of measurement position of visceral adiposity on HDL-C in Japanese obese men. 59th annual meeting of American College of Sports Medicine, San Francisco, USA
  4. Rina So, Hiroyuki Sasai, Tomoaki Matsuo, Takehiko Tsujimoto, Miki Eto, Kousaku Saotome, Kiyoji Tanaka (2012) Multiple-slice magnetic resonance imaging can more accurately detect visceral adipose tissue reduction than single-slice imaging. 3rd International Congress on Abdominal Obesity, Quebec, Canada
  5. 松尾知明, 山田深, 大島博, 岩崎賢一, 須藤正道, 向井千秋 (2012) 長期宇宙滞在中の心機能低下を予防する運動療法に関する研究~これまでの成果と今後の展望~. 第58回日本宇宙航空環境医学大会
  6. 松尾知明 (2012) 「宇宙飛行士のための運動トレーニング」. 筑波大学‐JAXA連携協力 第1回宇宙医学専門部会, 講演
  7. 松尾知明 (2012) 微小重力環境と体力科学. 第82回日本衛生学会学術総会シンポジウム 宇宙医学生物学研究における若手研究者の成果と展望
  8. 松尾知明 (2012) 「基礎講座(メタボリックシンドローム予防・改善のための減量指導)」. 健康運動指導士登録更新講習会, 講演
  9. 江藤幹, 辻本健彦, 松尾知明, 大河原一憲, 田中喜代次 (2012) 食習慣改善指導後に身体活動量増加を促すアプローチの有用性. 第13回日本健康支援学会年次学術集会
  10. 清野諭, 藪下典子, 金美芝, 根本みゆき, 鄭松伊, 大須賀洋祐, 大久保善郎, 松尾知明, 田中喜代次 (2012) 通常歩行速度の基準値に関する検討~後期高齢女性について~. 第13回日本健康支援学会年次学術集会
  11. 大久保善郎, 藪下典子, 清野諭, 大須賀洋祐, 根本みゆき, 鄭松伊, 松尾知明, 田中喜代次 (2012) 地域在住高齢者の歩行運動と内的転倒リスクが転倒に及ぼす影響~4年間の縦断研究~. 第13回日本健康支援学会学術集会
  12. 大須賀洋祐, 藪下典子, 清野諭, 鄭松伊, 大久保善郎, 根本みゆき, 松尾知明, 田中喜代次 (2012) 地域在住高齢女性の通常歩行速度保持に推奨される身体活動量. 第13回日本健康支援学会学術集会
  13. 棚原友季, 辻本健彦, 松尾知明, 江藤幹, 田中喜代次 (2012) メタボリックシンドローム発症リスクへの腹囲と身体活動量の関与. 第13回日本健康支援学会学術集会
  14. 江藤幹, 笹井浩行, 辻本健彦, 蘇リナ, 松尾知明, 大河原一憲, 田中喜代次 (2012) 身体活動が減量後の体重再増加予防に及ぼす影響. 第67回日本体力医学会大会
PAGE TOP